7a68a956.jpg

こんばんは。PTAブロガーいさおです。

PTAの仕事で人前でたまに喋っているからか、今日は仕事で人前で話しましたが、あまり緊張しませんでした。

 

 

僕はワークライフシナジー、ワークアズライフという考え方で働いていますので、相乗効果が生まれることはサイコーです。

 

 

PTAの広報紙担当って大変!?

「PTAだより」といった類の広報紙はどこの学校にもあるのでしょうか?
僕は学校のPTAだより、とても気に入っていて、必要と思っています。
 
 
学校からのお便りってちょっと固かったりするし、実務的なことも多く書いていることも多いです。
でも僕の学校のPTAだよりは、写真も多いし、何せ保護者目線で描かれているので、子どもの成長の記録・思い出として卒業アルバムとともに取っておきたいなぁと思える内容です。
 
 
オカンたちの作成の苦労は大変なものだと思います。写真も数枚しか載せられないから、どの写真使うかも神経を使うだろうし、記事も書いたことない方がほとんど・・・。そんな中保護者に満足いただくものを作るのは本当に大変でしょうね。
 
 

発行回数を減らし、文字も減らす

ここで僕の提案は発行回数を減らしてみてはどうか?ということです。
普段の学校の様子などは学校から配られる学年だよりとかにお任せして、PTAだよりは「卒業アルバムとともに残す」といったゴールを決めてみてはどうでしょうか?
 
 
この前、僕の兄弟が集まった時に、オカンが子どもの頃の文集などを出して、それをみんなで見て盛り上がりました。卒業アルバムも同様です。
 
 
このアルバム挟んで残すとしたら、僕は以下のようなことが大事かなと思います。
  1. そんなにたくさんあっても見ない(年3回か4回で十分かな)
  2. ビジュアル重視で見てパッとわかる。
  3. 親目線の喜びや苦労が書かれている。(子どもが将来親になって見返したときに、当時のオカンも同じ気持ちやったんやなー、ということがわかるといいな)
どうでしょう?
 
 
1.は発行回数が減れば、負担は減ります。2.は最近はSNS慣れしてるオカンも多いと思うので、その延長で得意な人に任せられる。3.は「自分たちの目線、等身大の記事で良い」となれば書く負担も減る。
 
 
いいことだらけやん!
 
 
あとは、こういったことが役員選出の押し付け合いをなくし「これならやっても良い。面白そう!」と思って広報紙係に立候補する人が増えたら最高かな。
 
 
こういったことも一つ、PTAをアップデートすることとして広まれば嬉しいなぁ。
 
 
ツイッターもやってます。お気軽にご意見ください!